コーヒーは、ペーパードリップで始まり、ペーパードリップで終わる。

皆さんは、ご自宅や職場でコーヒーを自分、または他の人に入れるためにどのようになさっているでしょうか。おそらくペーパーフィルターを使用したハンドドリップで入れる方がほとんだと思われます。

ペーパードリップでコーヒーを入れるのはとても簡単ですし、自宅や職場のグループ1人~数人分を入れるのに適しています。コーヒーの入れ方は、ペーパードリップで始まり、ペーパードリップで終わると言うのはちょっと大袈裟ですが、日常口にする一杯のコーヒーをよりおいしく簡単に入れるためのほんのちょっとした工夫を凝らしてみると、毎日のように口にするコーヒーが単に眠気覚ましだけではなく、幸せな気持ちにしてくれるほどおいしく感じられるものになるかも知れません。その方法は、ひとつひとつ少し細かいのですが、たいした手間ではないためぜひお試しになってみてください。

その1:.コーヒーカップまたはボウルは、なるたけ厚手のタイプを使用する。使用するコーヒーカップは厚手の物で大きくたっぷりした物の方が最終的に深くコクのあるおいしく感じられる味わいになります。苦みが少ないカフェオレがお好きな方は、ぜひカフェオレボウルを使用してみてください。格段に味わいが変わります。

その2:使用する器具はすべて温めた後に使用する。当然ながら入れたてのコーヒーの味を落とさないために守るべき約束事です。ペーパーフィルターのミミは互い違いにし、できればお湯を軽く注ぎ紙臭さを取っておくと言う人もいます。

その3:はじめにコーヒーを少量のお湯で蒸らす。はじめにコーヒーがお湯に触れると膨らんでガスが発生します。この過程を踏んでからコーヒーを入れ始めると、味がずっと良い物になるのです。

その4:お湯は間隔をあけながら、少しづつのの字を描くように、やや高めの位置から落とす。沸騰近い高い温度のお湯は、少し高さのある位置から空気に触れながら落ちる事により、すこし湯温が落ち着いた状態でコーヒーに到達することになります。この高めの位置と少しづつがうまくいくと、コーヒーサーバーの中のコーヒーが泡立った様に膨らみます。これはコーヒーがおいしく入った証拠です。いかがでしたでしょうか。

ちょっとした忍耐も必要とされるような内容でしたが、このちょっとずつを守っていくと格段においしいコーヒーに到達することとなり、自分で入れながらもびっくりするような時があります。少しの温度や入れ方の早い遅いなどで、使用する豆の良し悪しは問題とならないような入れ方が、ペーパーフィルターを使用したハンドドリップなのです。
http://www.66nhl.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です